まずフィリピンは、世界住みやすい国のナンバー1に選ばれるくらいの良い国だと言えます。また、日本人にとっても住みやすい国だと言えるでしょう。

 

なぜ住みやすいのかと言うと食べ物です。食べ物自体が日本人の味覚に合うのです。まず、フィリピンの主食は米です。しかもかなりがっちり食べます。日本の米ほどは美味しくないですが、パサパサしていますが食べることは出来ます。そして、日本人のようにマグロなどを刺身で食べます。食べるときには醤油を使って食べますが、醤油にプラスしてかぼすなどの柑橘類を決まっていれるのです。ある意味、ポン酢のような感じですが、これがさっぱりしていて美味しいのです。新たな発見でした。他に飲み物で言ったらビールの方が水よりも高いです。味は正直言って癖があって日本のビールほどは美味しくありません。そして、レストランでビールを頼んでもしっかりと冷えていません。

 

他にフィリピンの食べ物、飲み物の特徴として熱い国特有の味が甘いならば甘い、塩辛いならば塩辛いとはっきりしています。味が濃すぎるので最初は抵抗感があったりしますが、それがそのうちに慣れて何も感じなくなります。むしろ、癖になってフィリピンの濃い味付けを恋しくなることがありました。